ライター 副業

初心者が最速で月5万稼ぐにはWebライターが最強

Webライター 5万

  • Webライターって何?
  • 未経験でもWebライターなれるの?
  • Webライターって稼げるの?

こんな疑問を解決します。

 

この記事を見れば、未経験・初心者にwebライターをおすすめする理由が分かります。

副業を始めてみたいけどスキルを持ってない、最終的には退職して在宅で稼ぎたい、という方にwebライターは特におすすめです。

そもそもWebライターって何?

Webライターとは

⇒ネットで文章を書いて稼ぐ人

たとえば、最近よく見かけるようになった「クラウドソーシング」で案件を元に記事を作成したり、上級者になると、インタビューもするWebライターも存在します。

ネット上で目にするほとんどの記事は「Webライター」が書いたものです。

未経験にWebライターがおすすめな理由

Webライターのメリット

⇒未経験でもすぐに稼げる

ある程度の文章さえ書ければ、始めて1ヶ月で数万円くらいならすぐに稼げます。

もし、文章に自信がないという方でも1~2週間くらい勉強すればすぐ稼げるようになります。

それに勉強といっても、本を1~2冊読むだけで大丈夫です。

僕はこの本だけ読んで、すぐに始めました

それと同時にブログを開設しましょう。

ブログは文章を書く練習にちょうどいいからです。

練習のためだけであれば「はてなブログ」などで無料ブログを開設すればOKです。

もしブロガーにも興味あるなら、レンタルサーバーを契約して本格的に始めてみるのもいいかもしれません。

月額1,000円程度で始めることができます。

4/30までであれば、エックスサーバーで「独自ドメイン無料」のキャンペーンをしてるのでおすすめです。

エックスサーバー

Webライターだけで生活できる?

 

最終的には、在宅で稼ぐことを目標としている方が気になるのは、生活費を確保できるのかどうかだと思います。

結論からいうと可能です。

経験を積めば文字単価が高い案件を受けれるようになるので、時給に換算しても2,000円を稼ぐことは射程範囲です。

特に、記事に付加価値をつけることができるライターは、文字単価が跳ね上がります。

たとえば、SEOスキルとかを身につけておくと目に見えて単価が高い案件を受けることが出来るようになります。

Webライターを始めてみる

ここまで来たら、あとは勢いです。

実際にWebライターとして稼いでみましょう。

0からのスタートであれば「クラウドソーシング」に登録して、仕事を探すと早いです。

僕が利用してるのは、クラウドワークスというサイトです。

3分程度で登録も終わるので、すぐ作業開始できておすすめです。

実際に、始めて1ヶ月目で5万円は達成しました。

初心者であれば「1文字1円」が基本なので、5万文字書いたということです。

数字で見るとすごい量に見えますけど、2500文字の記事を20本程度なので平日に1本ずつ書けば達成できる数字です。

作業した分の収入なので、最初は頑張らないといけないけど実績を積むことで文字単価は上がるので、辛いのは最初だけです。

たとえば、文字単価3円まで上がれば5万文字で「15万」稼ぐことが出来ます。

まずは文字単価を上げるために実績を積みましょう。

初心者Webライターはどんな案件を選ぶ?

最低でも「文字単価1円」以上の中から選んでください。

経験ないからといって、文字単価0.5円のものを選ぶ初心者の方も多いですが、辞めた方がいいです。

文字単価1円でも、0.5円でも求められる文章力に違いはありません。

なので、初心者の方は1円以上のものを選んでおけば問題ありません。

ライティング経験がある方は、実績を示したうえで1円より単価の高いものに挑戦するのも良いと思います。

ブログ経験があり、検索結果の上位に入ってる記事がある場合も評価されます。

Webライターまとめ

初心者が副業をするうえで「ライティング」は比較的、稼ぎやすく、時間をかければ確実な収入になります。

文字単価が上がれば、月20万を稼ぐのもそこまで難しいことではないので将来的に独立を考えている方にもおすすめです。

-ライター, 副業

Copyright© 攻略情報発信屋 , 2020 All Rights Reserved.