稼げる副業

【実際に稼げた副業3選】ニートがおすすめする給料以外で稼ぐ方法

みなさんこんにちは、転落ニートです。

 

完全に職を失ってから約3年ほどがたちます。

副業と呼ばれるもの(僕にとっては本職ですが、、、)もたくさん経験しました。

 

それなりに稼げたもの

全く稼げなかったもの

むしろ、お金が出ていったものもありました。

 

副業とか在宅ワークって上手くやれば、会社の給料よりも稼げます。

ですが、選び方を間違えると会社の給料どころか、お金を失うことすらもあります。

 

今回紹介するのは、実際に自分が試してみて稼げたものです。

注意点もありますが、凡人の僕が稼げたのでやってやれないことは無いはず。

 

あなたもぜひ、給料以外の収入源を入手してください。

 

今回は、個人的な主観も多く含まれています。

その中でも自分自身に合っているものがあれば、ぜひ挑戦してみて下さい。

 

3位 YouTuber

「好きなことを仕事にする」でおなじみのYouTuberです。

最近では、子供がなりたい職業ランキングでもトップ争いしていますね。

 

現在の僕の収入の4分の3を占めているのが、YouTuberとしての活動によるものです。

本当に稼げるとは、、、

自分自身が一番おどろいています。

 

今では会社員時代の給料よりも多くいただけるようになりました。

多分、皆さんが想像する自由を手に入れた状態に一歩近づいた気もします。

 

さて、皆さんがここで疑問に思うのは

「なぜ最も稼げているのに3位なのか?」ということだと思います。

 

何故かというと、このYouTuberという職業はとんでもないデメリットを抱えています。

特に大きなデメリットは3つ

  1. 登録数1000人までは完全無収入
  2. 向き不向きによるものが大きい
  3. ほぼ100%アンチからの攻撃を受ける

 

いかがでしょうか?

この時点で心が折れる方も多いのではないかと思います。

 

登録数1000人までは完全無収入

すでに多くの方がご存じかもしれませんが、チャンネル登録が1000人を超えないと動画に広告がつきません。

当然ですが、収入が無い状態です。

1000人の登録数を集めるのにかかる日数は人によって違いますが、僕は5年かかりました。

 

早い方でも3ヶ月はかかると言われていますね。

天才型であれば、3ヶ月で登録数15万人!という方もいました。

 

ですが、そんなことは激レアケース

宝くじを当てるよりよっぽど難しいです。

 

というわけで、コツコツ地道にファンを獲得しないといけません。

これが、死ぬほどきついんですよね。

 

視聴者が喜びそうなことや楽しい企画、動画編集に追われる毎日。

念のため言っておくと、YouTubeでも好きなことだけでは仕事にならないことの方が多いです。

 

労力がかかる割に序盤は無収入。

どんなブラック企業だよ

って叫びたくなるでしょう。

 

向き不向きによるものが大きい

これを言ってしまうと元も子もないですが、向いてない人にはとことん向いてないと思います。

 

当然ですが、動画が見られないと収入がありません。

そのため、企画を考え続ける毎日になります。

 

さらに、動画編集は苦手な方にはホントに苦痛です。

どんな編集をするかにもよりますが、数時間は簡単に持っていかれます。

 

企画から撮影、動画編集まで全て1人でやる事になります。

どれか1つでも苦手分野があると挫折ポイントになりかねません。

 

後々は外部へ委託という手段も取れるかもしれませんが、もちろんお金がかかります。

今から副業を始めよう、在宅で稼げるようになろう、という方がそんなお金を用意する余裕はないですよね。

 

上げていくとキリがないレベルで挫折させようとしてくるモンスター職業です。

実際、登録数1000人になる前に挫折する方が8割~9割と言われています。

 

ほぼ100%アンチからの攻撃を受ける

最初のころはコメントすら来ないので、ある程度伸びてきてからの話になります。

 

断言します。

必ずアンチは来ます。

 

世の中にはどんな人にも文句言う人がいるんですよ。

あのトップユーチューバーのヒカキンにだってアンチは必ずいます。

僕の所にもアンチコメは来ます。

「〇ね!」とか「キモい」とかしょっちゅうです。

 

もう、災害だと思って割り切るしかないんですよね。

仮に1%の人に嫌われても99%の人に好かれていれば十分です。

 

とはいえ、そんな簡単にいかないのが人間というものです。

アンチからの誹謗中傷が原因で、自ら命を絶ったという悲しい事件すらあります。

 

結論、YouTubeはおすすめ?

ここまで散々デメリットばかり伝えといてあれですが、YouTubeは好きな方にはおすすめです。

ただし、最初は収入にこだわらず自分が好きなことをやってみて下さい。

 

いきなり

「YouTubeで稼ごう!」

と思ってもほぼ確実に挫折します。

最初は無収入確定しているのもありますが、いきなり伸びることはありません。

 

YouTubeの仕様上、最初はほとんど見られないんですよ。

チャンネルの再生数によって検索の上位に乗りやすかったりするので、初心者はかなり不利となります。

始めは当然0ですからね。

おすすめしてもらえないんです。

 

今からYouTubeを始める方が最初に目指すのは慣れること。

最初は右も左もわからない状態。

いきなり結果を求めても挫折の原因にしかなりません。

 

動画を何本か出すと

「なんか他の動画より再生数が多い?」

というのがあると思います。

 

そしたら、その動画を研究して、視聴者が好む傾向を把握していきましょう。

YouTubeに関する知識を動画にしている方もいるので見てみるのも良いかもしれません。

 

YouTuberに興味がある方は、とりあえず動画をYouTubeにアップしてみてはいかがでしょうか?

 

2位 物販・せどり

個人でやるお店のようなものです。

やり方は、お店やネット通販などで安く仕入れたものを高く売だけです。

と口で言うのは単純ですが、実際は売れなかった時のリスクや利益率を考えて仕入れる必要があります。

 

販売先はメルカリやラクマ、Amazon等で売る事が多いですが、発送作業が必要。

そのため、まとまった収入源にするにはある程度の作業量は必要になります。

 

物販のメリットは、きちんと値段の動きを調べて労力さえ払えば収入を得やすいことです。

 

僕は、中国(ネット)で購入した商品をメルカリで売っていました。

仕入れはアリババというサイトを使うことが多かったです。

 

300円で買ったブレスレットがメルカリで3000円で売れることもありました。

ある程度の軍資金がある方であればおすすめできる副業です。

 

今はやってないんですけど、1ヶ月で20万円以上稼いでいた時もありました。

辞めた理由は、発送の労力が大きいことです。

 

家から出たくない僕からすると、梱包してコンビニに発送しに行く、という作業がかなり苦痛でした。

これは単純に僕が外に出るのを極端に嫌うのもあると思いますが、家から出たくないという人は続かない可能性は高いです。

梱包も発送が増えてくるとそれなりの作業量になりますしね。

 

楽して稼ぎたい

というよりは、作業量があったとしても今すぐ稼ぎたい人向きだと感じました。

 

物販やせどりをする際は、仕入れる商品にだけは注意してくださいね。

個人での販売が禁じられているものもあるため、知らないうちに法を犯すリスクも潜んでいます。

 

1位 クラウドソーシング

個人的に1番のおすすめはクラウドソーシングで確実な収入を得ることです。

クラウドソーシングは、簡単に言ったら仕事を受注できるサイトです。

逆に仕事を依頼することもできます。

 

「結局働くのかよ」

と思ったかもしれません。

 

ですが、安定した収入は必要不可欠です。

僕の経験談でもありますが、確実な収入源が一つはないと精神崩壊します。

冗談抜きで将来生活できるのか、何かあったら終わりだな、とか毎日そんなことで頭がいっぱいになりました。

 

不安を抱えた状態というのはかなりのストレスになります。

特にお金の不安というのは、想像を絶するストレスを与えてきます。

 

仕事を続けながらとかなら別ですが、他に収入源が無い場合はクラウドソーシングで確実に稼ぎましょう。

もちろん、他に仕事がある方にもおすすめです。

 

「自分にできることなんて無い」

という方も安心してください。

 

クラウドソーシングの仕事は様々で、データ入力等のやれば誰でも稼げるものもたくさんあります。

とりあえず、クラウドソーシングのサイトをのぞいてみるとやりたい仕事が見つかるかもしれません。

 

僕は、クラウドワークスで仕事を見つけて今も続けています。

他にもクラウドソーシングサイトはたくさんあるので、興味があるものを見てみるのはいかがでしょうか?

 

内容にもよりますが、時給3000円以上の仕事を見つけることもできます。

実際、僕もクラウドソーシングで見つけた仕事を続けていますが、時給換算で3000円くらいの報酬は頂いています。

 

最近だったら、おすすめは動画編集です。

少し勉強するだけでもほとんどの方ができるようになります。

 

YouTuber人気で需要が高まっているのも魅力的です。

 

まとめ

ということで、実際に僕がやってみて稼げたものを紹介しました。

他にも投資や写真販売、ハンドメイドアクセサリーを売ったこともあります。

 

ちなみに投資はよく分からないまま、初日で60万円ほど溶かしたので辞めました。

投資が悪いわけではなく、完全に勉強不足でした。

 

みなさんも投資をする際は、死ぬほど勉強してからにして下さい。

ラッキーで稼げるようなものではありません。

 

話がそれましたが、僕が言いたいことは

「結局のところ向いているかはやってみないと分からない」

これだけです。

 

たいていの副業は、失敗しても死ぬほどのダメージは受けません。

せいぜい時間と少しのお金を無駄にする程度。

勉強になったと諦められる程度の損失でしょう(株式投資を除く)

 

色々と試してみて自分に向いているな、と思ったものを続けてみて下さい。

それが一番の近道です。

-稼げる副業

Copyright© 転落ニートの生存戦略 , 2021 All Rights Reserved.