百鬼異聞録

百鬼異聞録【妨害バンカパーティ】耐えて耐えて耐えて勝つ!バンカは正義

今回は、害悪バンカデッキを紹介したいと思います。

みなさんは、覚についてどういう意見をお持ちでしょうか?

「使ってる人をみたことない」
「そもそも誰?」

という声が聞こえてきそうです。

実際僕も使ってる人をほとんど見ませんし、最近始めた人はもはや知らないかもしれません。

 

ということで、覚を使ったデッキを作ってみました。
S4で現在名士なのですが、0〜1500ポイントまではこのパーティで稼ぎました。

相性によっては活躍できないパーティではありますが、ハマればめちゃくちゃ強いです。

 

デッキ紹介

・覚
・キョンシー妹
・青坊主
・判官

となっています。

 

キーカードは
・覚醒バンカ
・出撃
・覚醒判官
・霊視

です。

 

とにかく回復手段を増やして、青坊主の基本技を活用するデッキです。
霊視は、相手のカードが見えていないと無意味なので、覚醒判官の方が活躍シーンが多め。

どちらかというと覚醒判官を優先しましょう。
覚醒判官と青坊主のコンボは決まれば、気分がハイになれるのでおすすめ。

 

最近の傾向として、少し前まで幻鏡一強環境でしたが、今はそれに対抗した鈴鹿清姫パーティが主流ですね。
5試合中3試合くらいで当たるくらいの印象です。
幻鏡パーティはかなり苦手だったので、鈴鹿御前に感謝しておきましょう。

 

そしてこのパーティは、鈴鹿御前達にはまあまあ強いです。
ゴリゴリ回復しながら、相手の妨害・殲滅で優位に立てます。

 

覚醒判官、霊視が活きるパーティです。
回復の機会を増やすことで、相手式神へのダメージも増えていきます。

青坊主がいることで、回復のたびに相手にダメージを与えることもでき一石二鳥、、、
いや、相手のHPも削るので一石三鳥ですね。

 

あまり重視はしていませんが、心の迷宮を使えば、毒塗りからの愛の炎を防げたり、清姫で殴ってからの蟻道を封じることもできます。

 

はっきりいいましょう!
すごく使って欲しくないですw

もし、相手が使ってきたら、たこ焼きの中身が全てイカになる呪いをかけます。

 

それぐらい、決まると面倒なデッキです。
使うなら、嫌われる勇気が必要。

 

とはいっても、S1では使ってる人がそれなりにいたんですけどね。
今では全く見なくなりました。
寂しいので、僕が使って行こうと思います。

 

試合

ということで試合の方を見ていきましょう。

ということで、害悪バンカデッキの紹介でした。
みなさんは使わないでくださいね。

-百鬼異聞録

Copyright© 攻略情報発信屋 , 2021 All Rights Reserved.