YouTuber 副業

【2020年】熟練ゲーム実況者も納得!おすすめ機材まとめ

こんにちは、ゆうひなです。

 

ゲーム実況を始めてみるといろんな機材をそろえたい衝動に駆られた経験ありませんか?

まあ、まさしく僕のことなんですけどね。

どうせ機材をそろえるのであれば、誰もが失敗したくないと考えるはず。

そこで今回は、ゲーム実況歴5年、様々な機材を取っ替え引っ替えしてきた僕が本当に買って後悔しない機材を紹介します。

無駄に買い換えることなく、ずっと使える機材を探している方はぜひ参考にしてください。

ゲーム実況以外でも大活躍【ゲーミングマウス】

ゲーミングマウス

ゲーミングマウスはPCでのゲーム性を圧倒的に高めるための必需品ですが、実はゲーム以外でもかなり役に立ちます。

僕はLogicoolのゲーミングマウスを使っているのですが、最大のメリットがマウスのボタンにキーを割り当てられることです。

例えば、Ctrl+C(コピー)・Ctrl+V(貼り付け)などのショートカットキーや、編集中によく使うボタンを割り振っておけば作業の効率化になります。

正直、ゲーム外の方が活躍しているくらい便利です。

もちろん、PCゲームを極めたい方にとってはゲームの勝率を上げるために活躍することは間違いありません。

マウス選びで迷っているのであれば、迷うことなくマウスにキーの割り当てができるゲーミングマウスをおすすめします。

ゲーミングマウス以外でも割り当てができるものはあるのですが、ゲーム実況者である以上PCゲームに目覚める日が来ないとも限りません。

その時に買い替える必要がないように最初からゲーミングマウスの購入をおすすめします。

ゲーム実況始めて5年間使い続けた【ロジクール G402】

G402

僕がゲーム実況を始めるためにPCと同時に購入したゲーミングマウスが「ロジクール G402」です。

プログラム可能なボタンが8個あってゲームだけでなく、さまざまなシーンで活躍します。

最近「荒野行動」を始めたのですが、マウスに伏せるボタンを割り当てることで簡単に伏せうちができるようになりました。

ゲーム実況の動画編集の際に意外と使う「コピー」「貼り付け」といった作業もマウスのボタン1つで完結するので作業効率は目に見えて向上しました。

コンマ何秒を競っているプロ仕様に比べると劣っているのかもしれませんが、ゲーム実況では充分、もしくはそれ以上の性能で壊れるまで愛用できることを約束します。

ちなみに1度壊れたのですが(完全に僕の落ち度)また同じロジクール G402を購入しました。

左の側面に並んだ4つのボタンが絶妙なんです。

Amazonで見る

楽天市場で見る

 

1度使うと離れられない【ROCCAT Kone Pure Ultra】

ゲーミングマウス

PCゲームをやり込んでいる方にとってゲーミングマウスの軽さ・フィット感は何よりも大事です。

ROCCAT Kone Pure Ultraはドイツ生まれですが、小さめの設計なので日本人の手にもぴったりフィットします。

重量はなんと66g

非左右対称なのですが、これは人間工学的に考え抜かれた設計で、実際に使った人にしか分からない、想像以上のフィット感を生み出しています。

Amazonで見る

楽天市場で見る

 

プロが本気で選ぶ【ロジクール G Pro Wireless}

ゲーミングマウス

基本的に無線には少しですが遅延が発生し、FPSのような激しいゲームでは命取りになります。

そのため、基本的には有線マウスがおすすめなのですが、この「ロジクール G Pro Wireless」だけは例外となっています。

ロジクール独自の技術で、全く遅延がありません。

しかもバッテリー込みで80gとかなり軽いゲーミングマウスであるため、長時間使っていても疲れにくいです。

欠点は、値段がゲーミングマウスの中でも高めということですが「本気でPCゲームを極めたいんだ」という方は買う価値は十分にあります。

Amazonで見る

楽天市場で見る

PCゲーム実況の勝率アップ【ゲーミングキーボード 】

ゲーミングキーボード

普通のキーボードとゲーミングキーボードの違いは「キーの複数同時認識に対応」「長時間プレイしても疲れにくい」です。

普通のキーボードだとキーを同時に複数押してしまうと反応しないものが多いので、ゲーム内で思うように動けない場合があります。

そのため、PCゲームではゲーミングキーボードは必須と言えるでしょう。

ただ、そこまで深く考えなくてもキーの複数同時認識にさえ対応していれば「操作しやすい」「疲れにくそう」などの理由で選んでも充分機能すると思います。

最も重視するポイントは「防水」ゲーミングキーボードであることです。

ゲーム実況中に水やコーヒーをこぼしてしまう事故は、ゲーム実況者の多くが経験しています。

そんな悲劇を防ぐためにも防水のゲーミングキーボードがおすすめです。

ゲーム実況始めて5年間使い続けた【ロジクール G213】

ゲーミングキーボード

僕が初めて買ったゲーミングキーボードであり、いまだに使い続けています。

耐水性はもちろん、音量調整やミュートがメディアコントロールによって簡単に操作できるため、ゲーム以外でも活躍できる万能性を持っています。

そして、ゲームモードキーが搭載されているため、設定したキーをロックすることができ、プレイ中の誤操作を防ぐことができます。

自信を持っておすすめできるゲーミングキーボードです。

Amazonで見る

楽天市場で見る

安くて防水機能も完備【NPET ゲーミングキーボード K10】

ゲーミングキーボード

このゲーミングキーボードの特徴は「とにかく安い」ことです。

ですが、値段の割には防水機能・26キーロールオーバー採用により同時押しの数も多く、ゲーム中に困るということもないでしょう。

ただ先ほど紹介ほど紹介した「ロジクール G213」と違いパームレストが無いため、長時間のプレイには向いてないため、パームレストだけ別で用意するのがおすすめです。

僕が見たときは、Amazonの方が半額なので購入はAmazonがおすすめです。

Amazonで見る

楽天市場で見る

ゲーム実況の必需品【ヘッドセット】

ヘッドセット

ゲームをプレイしながらの声の録音は、ヘッドセットが必須です。

置き型のマイクでも録音はできますが、プレイ中に動いてしまうと音量にバラツキが出てしまいます。

その点、ヘッドセットであれば動いても音量は一定になります。

ヘッドセットの欠点は、マイクだけのものより録音の音質だけで見ると割高になってしまう点です。

1万円のマイクと1万円のヘッドセットでは、録音の音質だけでいえば1万円のマイクの方が高性能です。

ヘッドセットは「マイク&ヘッドホン」なので妥当な値段なのですが、なんの気無しに買ってしまうと後悔することになるかもしれません。

そしてもう一つ、ノイズキャンセリング機能が付いているヘッドセットを選びましょう。

ノイズキャンセリングは周囲のノイズを消して、自分の音声だけ拾ってくれる機能です。

ノイズがひどいゲーム実況は、視聴者が離れる原因になるため注意しましょう。

最近のお気に入り【ロジクール G431】

G431

僕が愛用しているのが「ロジクール G431」です。

G431を装着してFPSをプレイした際は敵の足音の方向がはっきりと分かり、優位にプレイすることができます。

マイクの音質もノイズ等が入ることもなく、ゲーム実況でも充分活躍できるスペックを備えています。

合成皮革イヤーパッドにより、長時間プレイしても疲れ知らずなのもおすすめポイントです。

ただ、最初は頭頂部に当たる部分が少し硬く、痛いと感じる方もいるかもしれませんが、しばらく使っていると柔らかくなって気にならなくなります。

Amazonで見る

楽天市場で見る

映画の世界を体験!?【HyperX Cloud Revolver S

ヘッドセット

プラグアンドプレイドルビーサラウンド7.1オーディオテクノロジーを搭載し、FPSで重要な足音や銃声、音の方向をしっかりと判別することができます。

そこらのヘッドセットに比べても音質が良く、ゲームの世界をこれまで以上に楽しめるようになることでしょう。

不要なときにはマイクを取り外すこともでき、映画鑑賞や音楽鑑賞でも充分活躍できる性能となっています。

USBオーディオコントロールボックス付属で、スマホやPC、PS4など様々な機種で使うことができます。

Amazonで見る

楽天市場で見る

eスポーツをリーズナブルに【Razer Kraken Green】

ヘッドセット

eスポーツを視野に入れて、競技世に開発されたヘッドセットです。

50mmの大型ドライバーによるクリアサウンド、冷却ジェルクッションにより蓄熱を防ぎ長時間のプレイも快適です。

マイクは収納式になっていて、使わないときにはコンパクトになります。

Amazonで見る

楽天市場で見る

ゲーム実況者の悩みの種【編集ソフト】

ゲーム実況 機材

結論から言うとPremiere Proがおすすめです。

ゲーム実況者に限らず、全てのYouTuberを悩ますのが編集です。

どれも大差ないと思うかもしれませんが、実際に使い比べてみるとその差は歴然です。

僕はもともと、PowerDirector 18 Ultraを使っていました。

使っている時には不満に感じることはありませんでしたが、Premiere Proを初めて使ったときは感動したのを今も覚えています。

編集のしやすさ、できることまったくの別物です。

月額2,480(税抜き)なので決して安くはないですが、値段に対する価値は充分にあると今でも思っています。

これはおまけなのですが、動画編集を仕事にする際もPremiere Proを指定するクライアントも多いのでゲーム実況以外でも役立つことも多いです。

他にもFinal Cut Pro Xなども有名ですね。

どうしてもお金をかけずに編集をしたいという方はaviutlというソフトがおすすめです。

プラグインを入れたりと少し知識は必要ですが、無料の編集ソフトの中ではトップクラスの性能です。

-YouTuber, 副業

Copyright© 攻略情報発信屋 , 2020 All Rights Reserved.